のぼりは手作りするのも比較的容易です。
学生時代にスポーツの応援や運動会で、布に手描きの文字を入れたのぼりや応援幕を作ってみたことがある人もいるかもしれません。

のぼりは旗の部分と、それを支える柱の部分から主にできています。
その柱に布を通して、台座になるものにたてると、のぼりとして完成します。

のぼりの旗の部分は、布帛でできていて、メッセージを描いたり、色を塗ったりします。
棒はつっぱり棒的なものでもいいですよね。
リボンのようなものを縫い付けて、そこに棒を通すのもいいですが、最初からのぼり旗の部分を袋縫いしてしまって、まち部分に通すのもいいでしょう。

応援のスローガンはファイトとか闘魂、必勝など。筆で書くのもいいかもしれません。

応援旗、応援のぼり、横断幕といったアイテムは、スポーツイベント、部活で参加する大会、運動会などにあると盛り上がります。
学校によっては、毎年生徒たちでデザインから手作りするところもあります。
おすすめリンク⇒のぼり旗工房